【SEO対策】クローラーとは?クローリングを促進する方法も解説

クローラー SEO
あなた
SEOの勉強してたらクローラーって聞いたけど、何のこと?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・クローラーとは
・クローラーの巡回頻度を高める方法
・クローラーの巡回を確認する

SEOの勉強をしていると沢山専門用語が出てきて大変ですよね。

この記事でクローラーについて完全網羅して解説するので安心してください。

まゆ
それでは順に解説していきます!

\ 当サイト使用テーマスワロー /



【ドメインパワー0→4.0の実績あり】


クローラーとは


クローラーとは、記事のインデックスを目的にしてWeb上のデータを取得するロボットのことです。

自分のサイトにクローラーが巡回に来ることによって、サイトのデータを取得します。

クローラーは取得したデータを検索エンジンに持ち帰り、インデックス登録します。

インデックス登録・・・記事の情報を検索エンジンのデータベースに保存すること。
インデックス登録後、Googleアルゴリズムに沿ってランキングが付けられ、検索順位が決まります。

つまり、クローラーが巡回して来なければ自然にインデックスされることはありません。

あなた
それはまずい…!どうすればいいの?

ここからは、クローラーの巡回頻度を高める方法について解説していきます。

クローラーの巡回頻度を高める方法


クローラーの巡回頻度を高める方法は2種類あります。

① XMLサイトマップを登録する
② クローラーが巡回しやすいサイト構造にする

XMLサイトマップを登録する


XMLサイトマップは、サイトの地図のようなもの。

(以下は当サイトのサイトマップ)

クローラーは登録されているXMLサイトマップをもとに巡回にやってきます。

登録の方法はSEOとは?必ずやっておくべき対策3つで解説しています。


クローラーが巡回しやすいサイト構造にする


クローラーが巡回して来ないとインデックスはされないので、巡回しやすいサイトにする必要があります。

主な方法は次の3つ。

クローラーが巡回しやすいサイト
・内部リンクの最適化
・パンくずリストの設定
・被リンクの獲得

内部リンクの最適化

クローラーは、サイト内を巡回する際に内部リンクを辿っていきます。

内部リンクとは以下のような、記事の途中や最後に貼ってある記事リンクのことです。

ですので、内部リンクが一つもない孤立した記事があると、その記事には巡回できません

孤立した記事を作らないことが大切です。

また、構造が深すぎるとクローラーが行き着かない可能性があるので、内部リンク構造は記事まで2クリック以内にたどり着けるようにすべきです。

パンくずリストの設定

パンくずリストとは、以下のような、記事の上に表示されているナビゲーションのことです。

サイトマップ同様に、サイトの構造をクローラーに伝えるものです。

クローラーは、パンくずリストで記事のサイト内のポジションを把握します。

パンくずリストの設定についてもSEOとは?必ずやっておくべき対策3つで解説しています。


被リンクの獲得

被リンクとは、外部サイトからのリンクのことです。

当然、外部のサイトにもクローラーが巡回しています。

外部のサイトでこちらのサイトのリンクを発見したクローラーは、そのリンクを辿って自分のサイトまで巡回にきます。

ですので、被リンクを多く獲得した方がクローラーの巡回頻度は高まるということです。


クローラーの巡回を確認する


サーチコンソールという無料のツールで、クローラーの巡回が確認できます。

サーチコンソールを開き、URL検査をクリック。

カバレッジを開くと前回いつクロールされたかが確認できます。

以下の記事は1/24の6時4分にクローリングされているとわかりますね。


もし、クローリングを確認してクローラーされておらず、インデックス登録されていない場合はインデックス登録を手動で行っておきましょう。

右上公開URLをテストをクリック。

テスト中…

この画面になるので、右下インデックス登録をリクエストをタップ。

最終リクエスト済みという案内が出るのでOKを押して完了です。

後ほどURL検査で検索してみるとインデックス登録がされているはず。


クローラーを理解してクローリング頻度を高めよう


インデックス登録に関与しているクローラー。

クローラーが巡回して来なければインデックス登録がされません。

インデックス登録されないと検索結果にも表示されないので必ず確認するようにしましょう。


まゆ
お疲れ様でした。以下のおすすめ記事も読んでみてくださいね。


\ その他SEO対策なら /

blog-seo

SEOとは?必ずやっておくべき対策3つ

\ ドメインパワーアップなら /

ドメインパワー

【速攻実践可能】ドメインパワーを3か月で0→4.0に上げた方法を解説

  \ SEO対策もばっちり /